オーダースーツとは

スーツの種類について

つりさげ

A、AB、Bなど、あらかじめ決められたサイズ、デザインをお客様に選んでいただく形です。

パターンオーダー
(セミオーダー)

いくつかのパターンからお客様の体型や好みに合うパーツをセレクトし、ご提供する形です。

フルオーダー

お客様の体をすみずみまで測定し、体のクセ、体型共に似合うスーツを作ります。ボタンや裏地はお客様の好みに合わせて選んでいただけます。

オーダースーツの定義

現在、日本における「オーダースーツ」はオーダーメイドやイージーオーダー、パターンメイド、カスタムオーダー等々、幾通りもの名称で呼ばれています。
しかし、それらを定義付けて分類すると、各顧客に応じて一からパターンを起こす「フルオーダー(完全な注文服)」と あらかじめ決められたパターンから調整を行う「パートオーダー(部分的な注文服)」の2種類です。
欧米ではこれらを、ビスポーク(フルオーダー)とメイド・トゥ・メジャー(パートオーダー)またはス・ミズーラ(パートオーダー)として呼び分けています。

「フルオーダー」はパーツを仮組みして調整を行う「仮縫い」という工程があります。
こちらは職人によるフルハンドの仕立てが主となります。一方の「パートオーダー」はテーラーそれぞれのスタイルが反映するため、 その企画には大きな差異が生じます。
サイズ調整ひとつ取ってみても、あるとこでは基本パターンに対して縦方向のみのサイズ調整を行います。
「パート・オーダー」は基本的に「仮縫い」は行わずフィッターの採寸をもとに「直縫い」で仕上げていきます。

シャツについて

スーツだけではなく、シャツのオーダーも受けた回っております。
サイズもお測りし、体にフィットしたシャツを着ていただけるので、肩が浮いていたり、首回りだけが苦しい、といったこともありません。
また、スーツに合わせてシャツの生地、柄、襟の形なども選んでいただけるので自分にぴったりのシャツを作って頂けます。
また、スーツの下に着るだけではなく、普段のオシャレとしてもシャツの存在は大きいので、日常にオーダーシャツを纏って気分を高めてみられてはいかがでしょうか。